ホーム > ガイドライン > 文章 > 望遠鏡の小常識

望遠鏡の小常識

 望遠鏡の価格は色々な外界因数を決めている、例えばコスト、利益、市場戦略など、ただし、望遠鏡の倍率とはあまり関係ないということ。

イメージング望遠鏡は、多くの要因に依存し、ちょうど1倍のブラインドを追求の多くの要因の倍数のは望ましくありません。より小さな望遠鏡倍数は、そうでなければ、明るさより暗いの小さい分野であるように、10倍を超えてはなりません。

偽軍事双眼鏡を販売の可能性が高いので、正規軍の軽量 双眼鏡は基本的には黒かつ高価である。

ズーム双眼鏡の広い範囲を購入しないでください、小さい視野の存在は、画像の歪みは、容易な移行や他の多くの問題の光軸深刻。固定複数の望遠鏡と比較ズーム望遠鏡レンズ本体構造による容易に損傷します。特別な要件がない限り、望遠鏡のこのタイプを選択しないようにしてください。

価格によって、同じ仕様と望遠鏡のパラメータは、実際の結果は非常な差がある事も変なことじゃない。もちろん、価格はマイル異なります異なる場合がある。

 ちなみに、より望遠鏡情報(双眼鏡販売)はホームページまでによろしく。

 

Previous:望遠鏡を選択するの重要な問題