ホーム > ガイドライン > 文章 > 双眼鏡の視野について

双眼鏡の視野について

双眼鏡の対物レンズで色々な真意があります、そしてこれは双眼鏡にとって重要な物でした、大事にしなければなりませんです。対物レンズ口径は双眼鏡の視野の明るさに影響する。単眼望遠鏡

星像など点光源の明るさは対物レンズ口径の二乗に比例するが、より一般的な、面積を持つ対象物の明るさは、対物レンズ口径を倍率で割った射出ひとみ径 (en)の二乗に比例する。射出ひとみ径の二乗値は、メーカーによっては「明るさ」としてカタログ表記されている。射出ひとみとは双眼鏡を眼から離し対物レンズを明るい方に向けたとき接眼レンズに写る明るい円である。人間のひとみ径は暗夜でも7mm程度であり、7mm以上の大きさの射出ひとみ径は無意味とされており、7mmより大きい射出ひとみ径を持つ双眼鏡は極めて少ない。船舶用など夜間業務用には最大限の射出ひとみ径である7mmの射出ひとみを持つ7x50などの双眼鏡が、天体観測用としては射出ひとみ径が5-7mm程度のものが推奨されることが多い。天体観測用の場合は対物レンズ口径の絶対値も重要であり、50mm以上の口径が好まれる。人間のひとみ径は明るい屋外では2mm程度であるため、屋外や明るいステージなどのみが観賞対象である場合には射出ひとみ径の大きさを必要以上に気にする必要はないが、一般的には4mm程度以上あった方が無難と考えられている。

  ちなみに、より望遠鏡情報(軽量 双眼鏡、望遠鏡やり方など)はホームページまでにどうぞよろしくお願いします。

Next:フィールドスコープとは
Previous:対物レンズの口径について